富士登山の日帰りスケジュールご来光を見る服装や持ち物は?寒い?

投稿日:

日本で一番高い山「富士山」。

誰もが1度は登ってみたいと思う山ではないでしょうか。

ご来光を見られれば、何かいいことが起きそうな予感がしますよね!

今回は、富士登山の日帰りスケジュールと題していくつかポイントをご紹介。

ご来光を見るにはどのスケジュールが1番最適なのか!?

そして服装や持ち物はどのようなものが良いのか!?

1度も訪れたことのない方は是非参考にしてくださいね(*´꒳`*)山は、皆さんが思っている以上に危険な場所という認識が必要です!

 
Sponsored Link
 

富士登山日帰りできるおすすめのルートは?

富士登山を決めたらどういうルートで行くのが一番いいのかが悩むところですよね。

日帰りできるルートでお勧めな時間のペース配分のがコチラ。

ぴよさん
早朝AM4:00出発(5合目)

⇒AM5:00(6合目)⇒AM6:30頃(7合目)

⇒AM8:20(8合目)⇒AM10:00(本8合目)

⇒AM11:00(9合目)⇒AM11:30(頂上)

 

頂上に登るのがちょうどお昼前で下山は大体17:00頃になるように。PM13:00頃から下りれば、十分日帰りもできます。無理をせずに、こまめに休憩を取りながら登るようにしてくださいね。

ねこさん
日帰りできるルートと所要時間の一覧はこちら!

  • 吉田ルート:14km(約9~10時間)
  • 富士宮ルート:8,5km(約9~10時間)
  • 須走ルート:13km(約10~11時間)
  • 御殿場ルート:17km(約12~13時間)

 

一番メジャーなルートは『吉田ルート』です。実際に登り始めると、予想よりも時間がかかることがよくあります。無理せずにこまめに休憩を取るようにしてくださいね。また、ハイシーズンはかなり混雑しますので、その分時間に余裕を持って出発するように心掛けてください(*´꒳`*)

 
Sponsored Link
 

富士登山ご来光は日帰りで見れる?服装は?山頂は寒いの?

富士登山ご来光は日帰りで見れる?

日帰りでご来光を見ようとすると、夜に出発して夜道を登ることになります。初心者の夜道の徹夜での登山は危険を伴いますので、自治体も自粛するようにと勧告しているようです。

そこでオススメなのが、山小屋で一泊し早朝出発するプランです。行程は『1泊2日』になりますが、体力温存ができ、ご来光も見ることができます。

山の天気は変わりやすいですし、高山病になるなど予期せぬ事態が起こりやすいとされています。

その為、余裕を持ったプランを立てるように心がけてくださいね。

 

登山時の服装は?

ご来光を見るプランをたてることはできたけれど、次に心配になるのが服装です。

富士山に行ったことがなければ想像もできませんし、何が必要かも見当がつきませんよね。

私のおすすめしたプランは、山小屋で一泊してAM4:00出発→ご来光を見るのが明け方という形になります。

そうなると一番寒い時間帯にご来光を拝むことに…。

防寒対策はしっかりしてくださいね。

7〜8月の富士登山シーズン中でも、山頂の気温は最高気温が10度、最低気温が3度程度となっています。真夏とは思えない気温ですよね∑(゚Д゚)

暑くなれば脱げるようなものを準備するのが良いですね。

荷物が重すぎるとそれだけで疲れも倍増します。

おすすめの服装としてはコチラ。

・薄手のフリースやダウン。
・ヒートテック
・ウィンドブレーカーなど
・帽子
・ズボン

これらの組み合わせであればまず間違いはありません。

↓軽くて小さく収納できるダウンは重宝します。

変わりやすい山の天気。夏の登山でも寒さ対策は必須です!

 

山頂での服装はというとコチラ。山頂は寒い!

山頂の基本は、標高が高いため想像以上に気温が低めと思っておくのがポイントです♪

ねこさん
・ダウンジャケットやパーカーの薄手のもの
・帽子や手袋
・裾のある防風ズボン
・防寒靴下

 

この服装ぐらいで最適です。

山は天気が変わりやすいですし、大丈夫と思っていても寒くなったりと温度変化が著しいです。その為、軽くていかに暖が取れるものを持ち合わせるかがポイントとなります。

防寒対策の1つとして持っておくと便利なものが、アルミシート

防災用として売られていますが、こういうときにも使えます。風を通しませんし、暖かさを閉じ込めることができます。

山頂でご来光を待っている時は『止まっている状態』。つまり体を動かしていないので、どんどん体が冷えていきます。ましてや山の頂上なので、風が強い日も多いです。アルミシートのような『風を防いで暖を取れるもの』を持っておくと安心ですよ。

是非覚えておいてくださいね(*´꒳`*)

 

 

さいごに

富士登山の日帰りスケジュールをご紹介してみましたがいかがでしたか!?

ご来光を見る服装や持ち物なども注意が必要であることが分かりましたね。

寒すぎず重すぎず山の天気は変わりやすいことなどを頭に入れておきながら富士登山を楽しんでください!

 
Sponsored Link
 

-アウトドア, イベント情報, 毎日を楽しくする情報

Copyright© No Place Like Home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.