女囚セブン3話ネタバレや視聴率|トリンドル玲奈(元ヤン)の演技が下手?画像

投稿日:2017年5月5日 更新日:

 
Sponsored Link
 
 

5月5日(金)放送の【女囚セブン】第3話。

毎週、1人の女囚についてスポットライトを当てるスタイルになっています。

第3話は、トリンドル玲奈さん演じる『元ヤン(市川沙羅)』の回です。

トリンドルさんは普段清純派のイメージがあるので、ヤンキー役にびっくりした方も多いのでは?

演技が下手という噂がありますが本当なのでしょうか?

【女囚セブン】第3話のあらすじやネタバレ、視聴率もまとめてみました^^

 
 

女囚セブン3話あらすじやネタバレをチェック!

【第3話】は、トリンドル玲奈さん演じる沙羅こと『元ヤン』がメインです。

あらすじをチェックしてみましょう^^

 そんなある日、琴音は沙羅(トリンドル玲奈)が刑務所内で“美容師の国家試験”を受けるという話を耳にする。

普段は粗暴なのに、美容師訓練だけは真剣に取り組む沙羅。育児ノイローゼから夫を殺し、その結果娘の養育権も失ってしまっていた彼女は、「国家試験に合格できたら刑務所に娘を呼び、髪を切ってあげる」という約束を、刑務所長の恩田(池内万作)と交わしていたのだ。
 
そしてついに迎えた試験当日。結果を心配する桜子たちをよそに、沙羅は手応え十分で部屋に戻ってくる!

 一気にテンションが上がった女囚たちは、沙羅の試験がうまくいったことを祝い、うめ(木野花)が独自に製造したどぶろくでコソコソと祝杯をあげる。

だがその最中、刑務所内に突然緊急放送が鳴り響く! どぶろくが見つかったのかと共同室内は大騒ぎに! 

しかし刑務官たちが探していたのは、なんと美容室から紛失した“はさみ”だった。そんなものが所持品から見つかれば、懲罰になることは必至。身に覚えのない7人はおとなしく共同室の中を検査させるが、あろうことか琴音のスーツケースの中からはさみが見つかり、百目鬼(宍戸美和公)によって琴音は懲罰房へと連行されてしまう!

 

出典:テレビ朝日『女囚セブン』

かわいいトリンドル玲奈さんがメインなんて、見るのがとても楽しみです^^

しかも、普段は清純派なのにドラマでは、セリフがヤンキー言葉なのもかわいいんですよね〜。

さて、いつも絶妙にタイムリーな時事ネタや笑いを混ぜ込んでくる【女囚セブン】ですが、今回はなんと、『保育園落ちた。日本しね!』が(笑)

どんな展開になるのか、放送が待ちきれません!

 
Sponsored Link
 

女囚セブン3話のトリンドル玲奈の元ヤンってどんな役?

トリンドル玲奈演じる沙羅って?

トリンドルさんが演じるのは、夫殺しの罪で服役しているシングルマザーです。

普段は穏やかそうですが、キレると怖い。しかも、刑務所歴が長いため、新人いじめも率先して行います。

DV夫から子供を守るために、夫を殺してしまった過去を持ちます。

トリンドル玲奈のヤンキー言葉♥

トリンドル玲奈さん演じる『元ヤン』は、コテコテのヤンキーです(笑)

もちろん、言葉はすべてヤンキー言葉

清純派のイメージがあるトリンドル玲奈さんなので、ちょっと違和感があるんですが、すごくかわいいんです♥その違和感すら、【女囚セブン】の雰囲気にマッチしているというか^^

実際、トリンドルさん自身も、ヤンキー言葉に最初は戸惑いがあったようです。

役作りは『特攻の拓』というヤンキー漫画を読むことから始めたんだそうですよ(笑)。

かわいすぎるエピソードですよね^^

Sponsored Link
 

女囚セブン3話|トリンドル玲奈(元ヤン)は演技が下手?

トリンドル玲奈さん、【女囚セブン】での演技が下手との噂がちらほら。

本当に演技が下手なのでしょうか?

トリンドル玲奈さんが女優デビューしたのは、2012年7月のドラマ【黒の女教師】。

その後は、ドラマにほぼ毎クール出演を続けている、いわばひっぱりだこな女優なんです。

加えて、2015年には、映画【リアル鬼ごっこ】で初主演を務めました。そして、この作品で第19回ファンタジア国際映画祭で『最優秀女優賞』を受賞

たしかに、女優デビュー当時は、演技が下手だったかもしれません。そもそも、女優デビューのきっかけとなったのは、ソフトバンクのCMの羽合のタダ役。タダ役のコミカルな演技が、ドラマ監督の目に留まったのがきっかけなんだそうです。つまり、ほとんど演技の経験がなかったんです。

2012年以降、毎クールドラマに出続けているという実績や、女優賞受賞の実績を見ると、確実に演技が上手くなっているという証拠ではないでしょうか?

また、【女囚セブン】の演技が下手と言われてしまう理由に関しては、『清純派ゆえのヤンキー言葉への違和感』であって、決して実際に下手なわけではないと思います。

 
 

女囚セブン3話の視聴率は?

女囚セブンは、『金曜ナイトドラマ』と呼ばれるドラマ枠です。

深夜放送にも関わらず、【トリック】【民王】【奪い愛、冬】等のヒット作が飛び出してきたドラマ枠。なので、深夜枠だからといって侮れないんです!

第1話の視聴率は、7,5%でした。
安達祐実さん演じる『食逃げ』にスポットを当てた回でした。

第2話の視聴率は、5,3%と若干ダウン。
平岩紙さん演じる『エロ女』にスポットを当てた回でした。

第3話の視聴率は、4,1%をさらにダウンしてしまいました。

ただ、ツイッター上の評判は上々ですので、ドラマの良し悪しは視聴率だけでは決められませんね。

 
 

さいごに

【女囚セブン】3話は、トリンドル玲奈さん演じる元ヤンにスポットライトを当てた回になります。

トリンドルさんは、演技が下手なのではなくて、清純派なイメージとヤンキー言葉に違和感があるだけな気がします。実際に女優賞をとったり、ドラマに多数出演したり、実績は十分です。

さらに第4話の見どころは、剛力彩芽さんが『保育園落ちた。日本しね!』との決め台詞を吐き捨てるシーン!

いったい、どんなエピソードになるのでしょうか?放送が待ちきれませんね^^

>>完全オリジナルの女囚セブン、結末をチェック!

>>剛力彩芽さんの京都弁が上手いと話題です!

コミカルな展開に目が離せませんね〜^^

 
Sponsored Link
 

-テレビ番組, 女囚セブン, 気になるニュース

Copyright© No Place Like Home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.