レンボンガン島を遊びつくす!アクティビティいっぱいの島を大解剖!

バリ島の南東15キロ沖合、スピードボートで約30分のレンボンガン島。
波が荒い遠浅のバリ島のビーチと比べると、海の碧さが全然違います!エメラルドグリーンの海に囲まれたサンゴ礁の島、それがレンボンガン島です。

 

この島には、楽しいアクティビティがいっぱい。
日帰りもできますが、おすすめしたいのが島で一泊すること。
日中は日帰り客で賑わう島内も、夜になると島民と宿泊客だけになるので静かな夜を過ごせます。バリの喧騒を離れて、ビーチ沿いのレストランで波の音を聞きながら過ごす夜。最高にリラックスできますよ。

 

今日は、楽しいアクティビティいっぱいのレンボンガン島の魅力を大解剖したいと思います。

 

 

島へのアクセス

一番メジャーなのは、バリ島東側のサヌールビーチから、スピードボートで島を目指す方法です。所用時間は約30分。サヌールビーチの船着場エリアに行くと、ボート会社が所狭しと並んでいます。何社か見て、料金と時間を比較してみてくださいね。料金の相場は40ドル〜60ドルくらい。

 

ちなみに、私はインターネットで事前に出航時間を調べた時に、数社しか見つけられず、「乗り遅れたらどうしよう。」と心配していたのですが。実際に行って見ると、たくさんのボート会社があるので、総じて1時間おきくらいにボートが出ています。多少待つことになっても、レストランやカフェがたくさんあるサヌールビーチで時間を過ごすことができるので、心配無用ですよ。

※バリ周辺の海はすごく波が荒く、レンボンガン島へのボートもものすごく揺れます。乗り物酔いしやすい方は、酔い止めの薬を飲んで行った方がいいと思います。

 

 

島での足は?

さあ、島に到着したらまず、島での足を確保!!

一番メジャーなのは、スクーターを借りることです。カップルや友人同士で二人乗りしている姿もよく見かけます。国際免許は要求されませんが、運転は自己責任になります。島民はもちろん、他の観光客もスクーターでかなりスピードを出していますし、島内の道はデコボコです。きちんとヘルメットをかぶって安全運転を心掛けてくださいね。スクーターで1周約1時間。南国の熱い風を感じて、探検のはじまりです!!

 

 

マングローブクルーズ

島の北東に広がるマングローブの森。
街を抜けて、マングローブ村に入ると海側にポツポツと現地のツアー会社が見え始めます。

だいたいマングローブクルーズの相場は、ひとり10ドル。キャプテンと呼ばれる船頭さんがボートを漕いで、森の中を案内してくれます。

 

レンボンガン島、マングローブ

 

マングローブの森の中はとても静か。キャプテンが船を漕ぐ、水の音しか聞こえません。森の中では動物に会えることも!!私はオオトカゲを見ることができました。

 

私が参加したクルーズでは、30分ほど森の中を見てまわった後、海に出て船着き場に帰ってきました。木々に覆われた薄暗い森から、海に出た瞬間の爽快な感覚は忘れることができません。海からマングローブの森を眺めると、天空の城ラピュタのような神秘的な雰囲気です。

 

さて、陸に戻ると、キャプテンからマリンスポーツをやらないかとのお誘いが。村のツアー会社では、飛び込みで様々なアクティビティを楽しむことができるようです。

 

 

パノラマビューポイント

島内にはパノラマビューポイントと呼ばれる島の街並みと海を一望できる場所があります。

 

レンボガン島、パノラマビューボイポイント

 

ここは絶対にスクーターを停めて、景色を楽しんでくださいね!!近くに、The Deck Cafe & Restaurantというこの絶景を眺めながら一休みできるカフェもありますよ。

 

 

デビルスティアーズ(悪魔の涙)

断崖に波が打ち寄せて、爆音と共に、虹が出るほどしぶきを吹き上げます。最初は怖いくらいです。断崖絶壁からの景色は最高ですよ!

 

こちら、有名な観光スポットにも関わらず、道がありません(笑)でもご心配なく。ドリームビーチから簡単にアクセス可能。ドリームビーチ&カフェパンダンに背を向けて、舗装されていない荒野を3分ほど進むと到着です。

 

ただし、この崖、柵もなく所々滑りやすいので、気をつけてくださいね。レンボンガン島周辺の海は波がとても高く、荒々しいです。デビルスティアーズは、その荒々しさを目の当たりにできる絶好のポイントだと思います。

 

 

さいごに

ツアーで訪れるのも楽しいですが、のんびり気ままに散策できるのが嬉しい個人手配の旅。島でのスクーター旅は、私の旅の特別な思い出になりました。南国の島でエメラルドグリーンの海を前に、楽しむことだけを考えて過ごした時間を思い出すと、むくむくと元気が湧いてきます。

バリ島に行ったら、ぜひレンボンガン島へも足をのばしてみてくださいね!

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link