能古島アイランドパークへの行き方|バスやフェリーの時刻表と料金は?

投稿日:2017年8月4日 更新日:

福岡市内から簡単に行ける能古島アイランドパーク

博多湾に浮かぶ能古島は、15万平方mの大きな公園です。

博多湾をバックに季節のお花畑があって、のんびりピクニックができる場所です。

最近では、お花畑&海がインスタ映えすると話題です♥

ひろーい園内には、売店やレストラン、ミニ動物園等々…とにかく1日中楽しめます。

カップルでも家族でも、ゆっくりした休日を楽しめること間違いなし( ´艸`)オススメ 

今日は、能古島アイランドパークへの行き方をまとめました。

バスやフェリーの時刻表や料金も参考にしてみてくださいね^^

 
Sponsored Link
 

能古島アイランドパークがかわいい!楽しい!

とにかく広い能古島アイランドパーク

春は菜の花と桜、夏はひまわり、秋はコスモス。

博多湾をバックに季節のお花畑が本当にフォトジェニックです( ´艸`)

手ぶらでバーベキューも楽しめますし、アスレチック施設も充実していて、大人も子供も楽しめること間違いなしです。

持って行けば良かったなぁと後悔したのが、レジャーシート

 海とお花畑を見渡せるひろ〜い芝生スペースがあるので、レジャーシートを敷いてのんびりできたら最高だと思います。レジャーシートおすすめです。
 
Point!

能古島アイランドパーク

・営業時間(年中無休): 平日:9:00〜17:30、日・祝日:9:00〜18:30

・入園料:大人1,200円、子供600円、幼児400円

私が訪れた時は秋のコスモスの季節。お昼頃から入園してのんびり過ごし、夕日を見て帰ってきました♥

ちょっと入園料が高めかなという気もしますが、その価値があると思います!

 
Sponsored Link
 

能古島アイランドパークへの行き方は?時刻表や料金もチェック!

福岡市内から能古島アイランドパークへは約1時間半

福岡市内→能古渡船場(フェリー乗り場)→島内バス→パークという道のりです。

能古島へのフェリー乗り場までの行き方は以下の3通りです。

★博多駅からバス→フェリー

このアクセス方法が一番スムーズだと思います^^

西鉄バス「博多駅前A」より「能古渡船場」下車(約40分)です。

博多バスターミナルからも乗れます。
係りの人に教えてもらえるので分かりやすいですよ(*´꒳`*)

※フェリー(能古渡船場→島)は10分です。

※能古島に到着してからパークまでの移動はバス(約15分)です。 

 

 

 

博多駅から地下鉄→バス→フェリー

このアクセス方法だと、フェリー乗り場まで行くのに乗り換えが必要になります。

福岡市営地下鉄空港線姪浜駅下車→西鉄バス姪浜駅北口→能古渡船場下車です。

 

 

天神からバス→フェリー

天神西鉄バス「天神高速バスターミナル前」より「能古渡船場」下車(約30分)です。

博多駅からアクセスするよりも近いですね^^

 

博多駅→能古島アイランドパークまでの交通費は?

私は、『博多駅(バス)→能古渡船場(フェリー&バス)→アイランドパーク』という経路で行きました。

その時にかかった交通費はこちら。

Point!

博多駅→能古渡船場のバス代:430円
能古渡船場→能古島のフェリー代:230円
能古島の港→アイランドパークへのバス代:230円
合計:890円(往復で1,780円)

ちょっと交通費が高いですが、絶対に行く価値があると思います(*´꒳`*) 朝から行けば1日遊べますし、絶対にお得ですよ〜!

※料金は変更されることがあります。あくまで体験談としてご参考ください。

 
 

さいごに

能古島アイランドパーク、週末のお出かけにぴったりです!

ぜひカメラを持って行って、たくさん思い出を作ってくださいね。

事前に行き方(バスやフェリーの時刻表と料金など)をチェックしておくと、当日とてもスムーズです^^

楽しい一日になりますように♥

 

Sponsored Link
 

-九州, 国内旅行, 旅のオススメ情報

Copyright© No Place Like Home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.