カルテットすずめの飲み物はどこで買える?三角コーヒー牛乳の口コミも

 
Sponsored Link
 

火曜日10時に放送中の大人気ドラマ『カルテット』。
どこか欠けている4人の弦楽奏者(松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生)の軽井沢の別荘での共同生活を描いたドラマです。

4人全員が片想いで、嘘つき。
このキャッチフレーズが表すように、4人全員が秘密を持っていて、毎回少しずつその謎が明らかになっていくので、ハラハラして見ています。

そんな中で、ドラマの中で交わされる独特の会話や食べ物に注目が集まっています。

今回は、満島ひかりさん演じるすずめが、いつも飲んでいる三角パックのコーヒー牛乳について調べてみました。

 

三角パックのコーヒー牛乳とは

日本では、1964年(昭和39)から、1980年(昭和55)頃まで、学校給食で三角パックの牛乳が飲まれていました。

 

テトラクラッシック(200ml)

1964(昭和39)年の東京オリンピックで採用され、70年代以降急速に広まりました。ただその形状から積み上げることが難しかったため、徐々に四角いタイプに取って代わられます。

出典:一般社団法人ジェイミルク

 

正式名称は、テトラクラッシックというんですね。
もともとスウェーデンのテトラパック会社が開発した紙の容器です。

テトラパック出典:日本テトラパック社公式サイト

 

日本国内では販売が中止されていましたが、2014年7月に10年ぶりに販売を再開されたようです。2015年7月には、ローソンが、開店40周年を記念して三角パックのコーヒー牛乳を販売しました。(現在は販売なし。)

もしかすると、カルテットが火付け役となり、昔懐かしの三角パック牛乳が飲めるようになるかもしれませんね!!

 
Sponsored Link
 

どこで買える?

現在、三角パックのコーヒー牛乳を店頭で購入することは難しいようです。
調べたかぎりでは、残念ながら見つけることはできませんでした。

けれども、インターネットにて通販で買えるところを見つけました!!

北海道の『べつかい乳業興社』さんが販売されている『べつかいの牛乳屋さん(三角パック)』です^^

オンラインで、のーすもーる★北海道の森から購入できるようですよ♡
三角パックの牛乳、コーヒー牛乳共に15個で1,400円(税込・送料別)から。

 

なまらうまい♡北海道弁での口コミです♡

 

味が濃いんですね!飲んでみたいです。

 

 

 

海外の三角パック

お隣の国、韓国には普通に三角パックのコーヒー牛乳が売っているようです。スーパーでも購入可能。韓国にこれから行かれる方は、旅先でカルテットのすずめちゃん気分を味わってみてはいかがでしょうか^^

 

こちらは、世界で一番おいしいコーヒー牛乳とのタグ付けが!韓国に行きたくなってきました^^

 

さいごに

昔懐かしの三角パックのコーヒ牛乳。
中高年世代には懐かしく、若い世代には新しい、全世代で楽しめる商品になりそうですね!コロンとしたカタチがかわいくて、それだけで美味しそうに見えてくるから不思議です。

ドラマでは、カルテット(四重奏)の4と掛けて使用されているとの話もあります。3角(パック)ですが、面は4つ。ドラマの中でどのような役割を果たしていくかも楽しみですね。

 
Sponsored Link
 
Sponsored Link
Sponsored Link