スーパーカミオカンデパズルの購入販売場所や値段!画像は?売り切れ?

東京大学宇宙線研究所が売り出した『スーパーカミオカンデジグソーパズル』が人気です!

カミオカンデ…(゚Д゚)?

なんだか聞きなれない言葉ですが、岐阜県飛騨市にある研究施設『スーパーカミオカンデ』のことのようです。

このパズルが、わずか300ピースにも関わらず、超難易度が高いと話題に。売り切れが相次いでいるとのこと。

そんな話題のパズル、クリスマスに欲しいなぁ…なんて思ってしまいました(*´꒳`*)

今日は、スーパーカミオカンデパズルの購入(販売)場所や値段、パズルの画像についてまとめました。

 

Sponsored Link
 

スーパーカミオカンデパズルって?

スーパーカミオカンデジグゾーパズルが販売されたのは、今年2017年10月下旬頃。

東京大学・宇宙線研究所がオフィシャルグッズとして売り出したのがきっかけです。

スーパーカミオカンデとは、『宇宙から飛んでくる素粒子ニュートリノを観測する装置』のことなんだそうです。

ちょっと難しくてよく分かりませんが…(/ _ ; )

スーパーカミオカンデ検出器は、5万トンの超純水を蓄えた、直径39.3m、高さ41.4mの円筒形水タンクと、その壁に設置された光電子増倍管と呼ばれる,約1万3千本の光センサーなどから構成されています。岐阜県飛騨市神岡鉱山内の地下1,000mに位置しています。

出典:スーパーカミオカンデ

このカミオカンデの装置内部の画像を300ピースで再現したものが、今回話題のジグゾーパズル。

たしかに、すごーーーく難解そうですね。

ちなみに、担当者自身も『完成できるか分からない』とコメントするほどの難しさなんだそうですよ〜!

 
Sponsored Link
 

スーパーカミオカンデパズルの値段は?どんな画像?

スーパーカミオカンデパズルは、1,500円(税込)と意外にもお手頃な価格です。

売り上げは、研究所のために使われるんだそうです。売上の使われ方も素敵ですね〜!

それでは、気になる画像をチェックしてみましょう(*´꒳`*)

えっ((((;゚Д゚)))))))

こ、これは…!!!!

全体的な色合いもゴールドと黒の2色だけですし、そもそも模様がマルばっかり…!!!

これは、300ピースと言えど、かなり難しそうですね〜!!!

ちなみに、大きさは38センチx26センチ
ジグソーパズルにしては、あまり大きくありませんが、この難易度でもっと大きかったらと考えると…恐ろしいですね(笑)

ぜひクリスマスにトライしてみたいです〜!!

 

 

スーパーカミオカンデパズルの購入販売場所は?売り切れ?

こちらのスーパーカミオカンデパズル、当初は、東急ハンズ名古屋店で販売されていたようです。

その後、わずか3日で108個が完売。

11月下旬から、東大の柏キャンパスと本郷キャンパスでも再販されました。

凄まじい人気で完売が相次いでいるようです。

インターネットで購入できないか探してみたんですが…私が調べた限りでは、通販で購入できるところはないようです(/ _ ; )

現在、インターネット通販が検討されているとのこと。はやく全国どこからでも入手できるようになるといいなぁと思います。

ただ、こんなツイートを発見。

スーパーカミオカンデのある岐阜県飛騨市のふるさと納税に、1万円の寄付をするとこのパズルを返礼品としてもらえるようですね!!!

飛騨市公式観光サイトで確認してみてくださいね。数量限定とありましたので、早い者勝ちということでしょうか( ´艸`)

また、パズルの通販はまだないようですが、素粒子ニュートリノについての本を発見しましたよ〜!

 

この表紙って、スーパーカミオカンデですよね!!

 

 

さいごに

スーパーカミオカンデジグソーパズル、画像を見ると、本当に本当に難しそうでびっくりしてしまいました(笑)

300ピースと少なめですが、凄まじい難易度の高さ。一人で挑戦してもいいですし、みんなで集まってわいわいチャレンジするのも楽しそうですよね〜!

購入販売場所でも売り切れが続出中のスーパーカミオカンデパズル。はやくネット通販ができるようになるといいなぁと思います!

それでは〜!

Sponsored Link
 
Sponsored Link
Sponsored Link