世にも奇妙な物語|中山美穂のラップが上手い下手?結末や動画も紹介

10月14日(土)に【世にも奇妙な物語】が放送されます!

中山美穂さんが出演する『フリースタイル母ちゃん』というお話があります。なんと中山美穂さんがラップを披露するらしいんです!

すごい想像がつかないんですが!
(*´∀`*)タノシミ

中山美穂さん、ラップ上手いのか、または下手なのか!気になりますね〜。動画で何度も見たいです!すごく話題になりそうですね。

今日は、世にも奇妙な物語2017秋の『フリースタイル母ちゃん』のあらすじや結末についてまとめました。

Sponsored Link
 

世にも奇妙な物語『フリースタイル母ちゃん』のあらすじや結末は?

フリースタイル母ちゃんのあらすじは?

細川房子(中山美穂)はごく普通の主婦。家族構成は家庭に無関心なサラリーマンの夫と中学生の息子の3人家族。

房子はパート先ではセクハラ・パワハラや理不尽な客に悩み、家庭の状況にも不満を抱きながら生きていた。

ある日、『ストレス解消になる』というリップクリームを買った房子。

そのリップクリームを塗ると、脳内でキレキレのスクラッチ音が響きだし、ひとりでにラップが口から飛び出すようになって…?

 

フリースタイル母ちゃんの結末は?

房子はパートの帰りに、息子の康太が不良グループとつるんでいるのを見つけ、追いかけます。

不良の溜まり場にたどり着いた房子は、康太が慕う大岩(浅利陽介)にラップのフリースタイル対決を挑みます!

最初は大岩に負けてしまった房子ですが、日を改めて2度目の対決を挑みます。

大岩との対決を制した房子は、次に大岩の先導で息子・康太とのラップ対決を始めます。ラップ対決で康太への愛情を歌った房子。大岩は、『勝ち負けをつける必要はない。』と言い、勝者を房子と康太2人に決めます。

それから、康太や夫との関係が少しずつ上向き始めた房子。

ある朝、突然姑がやってきます!玄関先でラップを始めた姑。房子の戦いはまだまだ続くのです…!!!

 

Sponsored Link

 

世にも奇妙な物語|中山美穂のラップが上手い下手?評判は?

中山美穂さんのイメージってラップとは、まったく結びつかないんですが!!

どうですか?∑(゚Д゚)

でも、中山美穂さんってもともと歌手としてすごく活躍していますし、ラップも上手いのかもしれませんね。

1992年に発売された『世界中の誰よりきっと』なんて200万枚近く売れました!紅白歌合戦にも6回出演しています。

実際にラップを聞いた感想をチェックしてみましょう (*´∀`*)

ラップは中山美穂さんだけかと思いきや、浅利陽介さんや子供役の高木星来くんまでも参加したフリースタイル対決で、びっくりすぎました!www

まさか最後は親子のラップ対決になるとは!

ラップについては『上手くてびっくり!』という意見や『下手で聞いてられないよー』という意見。賛否両論のようでした。『下手』という意見はよくラップを聞いている人からが多かったみたいですね!

私はラップの上手い下手よりも、あれだけのセリフ(歌詞?)を覚えてラップ調に歌えることがすごいなぁと感心してしまいました(*´꒳`*)

でも、3人ともラップが本業じゃないので、ラッパーばりの上手さはないですよね。それを含めると、やっぱり上手だったんじゃないかなーというのが個人的な意見です。

 

世にも奇妙な物語|フリースタイル母ちゃんの動画は?

『フリースタイル母ちゃん』の動画を見つけましたので、チェックしてみてくださいね!

中山美穂さんのラップ、どう思いますか?キレイで清楚な女性というイメージとのギャップが!いやーそれを見れただけでも本当におもしろかったです(*´꒳`*)

今回の世にも奇妙な物語はいつもと違った感じで新鮮でしたね(*´꒳`*)

 

Sponsored Link
 
Sponsored Link
Sponsored Link